QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
コズさん
「将来子供に子供を産ませたい!」
の想いで日々暮らしています。
自然に沿った暮らし方には
衣食住すべてが自然に繋がっていて
それはまた自分に返ってきます。

「自然の摂理に逆らうものは
正しくもなければ美しくもない」

素敵な言葉だと思いませんか?
会うことなく亡くなった
私のばーちゃんの口癖ですって

2012年06月27日

苗木の根伐り

私は「日本熊森協会」と言う自然保護団体に入っています

今日は苗木を移植する前段階の根伐りをしてきました
40数本、4人で小1時間といったとこでしょうか


「熊」「森」と聞くと動物愛護団体かと思われがちですが
動物が棲める森を守るというのが一番の目的です
それは人にとっても大きな意味があります

言われないと気付かないかもしれませんが
今、日本中の山の木がどんどん枯れていってます

この辺りでも赤城や観音山の松
そこら辺の雑木林を見るとナラやニレケヤキの葉が
秋でもないのに茶色くなってます

川の水量が2、30年前と全然違うことに
気付く人がどれだけ居るでしょう
どんなに人工的なダムを作っても
自然の緑のダムには敵いません

広葉樹林の山の土はどんなに大雨が降っても
スポンジのようにたっぷり水を貯め
清水としてチョロチョロ湧き出してくれます
土砂災害のニュースをよく見て下さい
どれも針葉(人口)樹林ですよ



「熊森」の見解では
今、色々な木が弱っているのは
酸性土壌が一番の原因と考えてます

行政は「虫」と言う見解で今でもって
樹幹注入と言って木に穴を開け農薬を注入しています
農薬=石油由来=お金
と言う大人の事情からなのでしょうか

成果も一目瞭然
弱った木の枝先下あたりにぐるっと浅い溝を掘り
そこに竹炭を撒きます
早ければ3か月で葉が青々としてきます
(群大工学部の校庭など数カ所で実験済)


人間だって畑の野菜だってそうでしょう?
弱った体にいくら薬を入れても
薬は症状を抑えるだけで
治してはくれない

からだが元気になるには
自然の「命ある食べ物」でしかできない

木だってミネラルたっぷりで
酸性を中和して、微生物の棲家にもなる炭をもらって
喜ばない訳がない
だから実際元気になるんです


今日の苗木は7/15沼田の山に植える予定です






同じカテゴリー(ボランティア)の記事画像
おおた☆まちの先生見本市に出店してきたよ~
どんぐりポスト設置
一品もちより飲み会
同じカテゴリー(ボランティア)の記事
 おおた☆まちの先生見本市に出店してきたよ~ (2013-02-18 19:01)
 読み聞かせ・・・うるせー! (2012-12-22 09:06)
 どんぐりポスト設置 (2012-10-29 16:27)
 保育園で山とクマのお話し (2012-09-20 19:17)
 一品もちより飲み会 (2012-09-09 23:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
苗木の根伐り
    コメント(0)