QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
コズさん
「将来子供に子供を産ませたい!」
の想いで日々暮らしています。
自然に沿った暮らし方には
衣食住すべてが自然に繋がっていて
それはまた自分に返ってきます。

「自然の摂理に逆らうものは
正しくもなければ美しくもない」

素敵な言葉だと思いませんか?
会うことなく亡くなった
私のばーちゃんの口癖ですって

2012年09月20日

保育園で山とクマのお話し

今日は隣町の保育園のお誕生会にお呼ばれしてきました

園長先生の前勤務地の保育園でも
 日本熊森協会の環境教育
     「山とクマのお話し」
をさせてもらっていたので
今日のお呼ばれとなりました

子ども達にまず、山には針葉樹林(チクチクの葉っぱの山)
と広葉樹林(やわらかい葉っぱの山)
があることをお話しして、実際に葉っぱを触って体感してもらいました

その森は木の種類も違うけど、土も違うことを
斜めにした土に泥水を流す実験で
目から知ってもらいます

次にツキノワグマのの食性の話を
カードを使ってお話しして

で、熊森本部の若者たちが
中学生のときに実際にしたお話しが
描かれた紙芝居をします

小さい子ども達が熊のために
町のドングリを集めてくれることを
約束してお話し会は終了

いつもは同じ小学校で読み聞かせをしている
友達3人でやってたのですが
1人都合が付かなかったため
他の読み聞かせ会員に声を掛けたけど
その日に限ってみ~んなダメ
読み聞かせのOGも、学童の先生も
その日に限ってダメ

しょうがないから隣の学校の読み聞かせ友達にSOS
で、やっとメンバーが揃いました
やっぱり、読み慣れているから
間の取り方、感情移入、声の強弱が
いいんですよ~face03

即席チームだったけど
結構よかったんじゃないですかmark03
保母さんにも
「知らないことがたくさんありました~!」
と言ってもらえたし

片付け終わって帰る時も、子ども達が窓から
「バイバ~イ」なんて手を振ってくれて
ま~、おばちゃん達すっかり嬉しくなっちゃいました

色んなところでお話しして
多くの人に山の現状を知ってもらいたいです

動物が棲める森が無くなるってことは
人間も住めなくなってしまうってことを・・・



同じカテゴリー(ボランティア)の記事画像
おおた☆まちの先生見本市に出店してきたよ~
どんぐりポスト設置
一品もちより飲み会
同じカテゴリー(ボランティア)の記事
 おおた☆まちの先生見本市に出店してきたよ~ (2013-02-18 19:01)
 読み聞かせ・・・うるせー! (2012-12-22 09:06)
 どんぐりポスト設置 (2012-10-29 16:27)
 一品もちより飲み会 (2012-09-09 23:00)
 苗木の根伐り (2012-06-27 20:18)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
保育園で山とクマのお話し
    コメント(0)